壮年、浮足立つ!!

30代平均男が人生を充実させるために奮闘する様の記録。

『風来のシレン』という神憑り的なゲーム

どうも! HEIKINMAN@HEIKIN_MAN)です!

 

また再発したました。。。

「風来のシレン」やりたい病です

知ってますか?「風来のシレン」と言うゲームを


不思議のダンジョン 風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス DS

 

最新作でも2010年のゲームなのかぁ(2015年にpsvitaでリメイクが発売されてます)

 

僕はこのゲーム、3、4回買って売ってを繰り返しています

 

やり過ぎて、時間なくなって

「これはヤバイ」

と思って売ってもまた買ってしまうんですよ

完全に病気です

 

ゲームってクリアしたら一区切りするじゃないですか

このゲームはストーリーをクリアしてやっと半分くらい

後はひたすらダンジョン攻略に勤しむと言うゲーム

その魅力について僕なりに書いてみます

毎回違うダンジョンとアイテム

このゲーム最大の魅力ではないでしょうか?

同じダンジョンでも道筋が毎回自動生成されて形が変わります

アイテムも落ちている数、場所、種類も毎回違うんです

運良く強い武器が早い段階で手に入ったり

それとは逆に武器、盾が全く無いなんてこともあります

展開次第で自分で考えて行動していかないといけません

 

腹が減ったら死ぬ

満腹度と言う数値があり

これがなくなるとHPがどんどん減り最後には死にます

常に食べ物を持って置かないと途中で餓死

ヒーローが餓死するゲームって他にあります?

 

死ぬとレベル1から

ダンジョンで死ぬとスタートまで戻され

レベル1からスタートします

(過去作はアイテム全て消滅だっだが最近はある程度持ち越せる)

「ただのマゾゲーかっ!」

と思われるかもしれませんがこのシステム自体がちょうど良く調整してあります

例えるならボードゲームの最初から仕切り直しみたいな感覚です 説明下手

 

アイテムの所持数に上限がある

持てるアイテム数が限られています

その状況に適したアイテムを厳選して持たないといけません

時には貴重なアイテムも捨てなければならない状況にもなります

 

敵との駆け引き

プレイヤーが1行動するごとに敵も1行動します

ダンジョンがマス目状になっていて

例えるなら将棋やチェスのような感じです 説明超下手

ダンジョンを進むにつれて

「二回攻撃」「遠投」「敵が見えない」「武器を弱らせる」

などのいろいろな特殊能力を使用する敵が出てきます

それらの敵に対応した行動を取って行かなければなりません

 

考えるゲーム

これらのゲームシステムが相乗効果を産んでハンパなく面白く出来ているんです

このゲームの魅力は僕の説明だけでは伝えきれないと思いますので

機会があればプレイしてみてください

不思議のダンジョン 風来のシレン5 plus フォーチュンタワーと運命のダイス

不思議のダンジョン 風来のシレン5 plus フォーチュンタワーと運命のダイス

 
不思議のダンジョン 風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス

不思議のダンジョン 風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス

 

古いのに値下がりしてない。。

そのくらいゲームの完成度が高いって事ですね

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました

少しでも誰かの暇つぶしの参考にでもなったら幸いです